2015年07月05日

涙するまで、生きる

 1954年のアルジェリア。地元の子供たちを教えるフランス人教師ダリュ(ヴィゴ・モーテンセン)のもとに、いとこ殺しで捕まったアラブ人モハメド(レダ・カテブ)を、憲兵が連行して来て、裁判所のあるタンギーまで彼を送り届けるよう命令。拒むダリュにモハメドを残して去ってしまった。
 復讐にやって来たアラブ人に応戦したあと、モハメドを追い出したダリュだったが、彼らに殺されることを恐れてタンギー行きを願うモハメドに、ついに同行することに。

 それからの道のりは困難を極める。身を隠すことのできない一本道で、追手が迫ったために山を越えることになり、岩肌を登り、崖から足をすべらせ、砂嵐に遭い、大雨に打たれる。助け合ううちに、ダリュとモハメドに、友情のような連帯感が生まれていく。ダリュは初めからモハメドを客のように扱っていたし、二人ともがフランス語とアラブ語を話すことが、心の交流を助けたと思う。

 モハメドが処刑を望むのは、血の代償を要求する掟のため。自分が同胞に殺されれば、幼い弟が仇を取らねばならず、フランス人に処刑されれば、殺しの連鎖を止められるというのだ。フランス支配のなか、抑圧を受けるアラブ人が、不穏な掟によって互いを傷つけ合う理不尽。
 一方、ダリュの両親は実はスペイン人で、フランス人からはフランス人ではないと見られ、アラブ人にはフランス人だと思われる、帰属の不安な立場。彼がモハメドに親近感をもつのは、そんな疎外感からだろう。アラブの子供たちを教える彼には、多分、皆が平等に暮らせる社会が理想なのだ。だが、フランスの支配を憎むアラブ人から見れば、フランス人は、全員いなくなってほしい者たちなのだ。

 悪天候から逃れ、目的地に近づいたと思ったところで、二人はアラブ人ゲリラに捕まって捕虜になる。その中に見つけた大戦時の戦友。フランス支配の横暴に怒り、ゲリラ側につく者もいたのだ。だが、殺されずにすんだところを、突然フランス軍に攻撃される。耳をつんざく激しい銃撃。追い詰められ、投降する者も撃ち殺す非情さ。徹底的な弾圧は、「アルジェの戦い」を思い出した。

 ダリュはモハメドに、何度も逃げるようにいう。支配と弾圧と死体の山。血の掟。そんななかでも、生きることを尊いと思い、意味を見出そうとするダリュ。かたくなに拒んでいたモハメドは、選択に迷い始める。希望の見えるラストに心が癒されたが、1954年は独立戦争が始まったころで、これから弾圧と殺戮が強まっていく。二人はどうなったろうか。
posted by HIROMI at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記