2015年07月31日

犬どろぼう完全計画

 ピザ屋だった父が失踪し、父の車の中で母と弟と暮らす小学生のジソ(イ・レ)。ある日、不動産屋で見た素敵な家を500万ウォンだと勘違いした彼女は、解決済みの「犬を見つけてくれたら500万ウォンを差し上げます」のポスターを見、犬を盗んで飼い主に返して500万ウォンをせしめようと思いつく。

 お金もないのに有名私学に通い続けるジソは、級友を招いて開くはずの誕生日パーティーが近づいてきて焦っている。服や靴を売ってしまった母(カン・ヘジョン)は、いつも同じサンダル履き。元カレのスヨン(イ・チョニ)を頼って、何とか高級レストランに就職すると、職場で子供に残り物やアイスを食べさせたり、子供の体を洗ったり。おっちょこちょいな母だけど、生きるためには必死。
 そこのオーナー(キム・ヘジャ)は、無名の画家の絵を途方もない金額で買う一方、人を遠ざけ、テリア犬のウォーリーを溺愛。ジソは、そのいぜいたく三昧の犬に目をつける。

 ジソの境遇を知っても離れない級友のチェラン(イ・ジウォン)。巻き巻き髪にリボンのお金持ちの娘だけど、親たちをクールに観察してる。一見アカンタレに見えるけど、実は頭のいい弟のジソク(ホン・ウンテク)。ジソは3人で力を合わせ、ウォーリー誘拐を実行する。その芸の細かいこと。執念深いこと。山あり谷ありで、思わず成功を祈ってしまう。
 一方、オーナーは遺言に全財産をウォーリーに指定。彼女の甥であり、本当は唯一の相続人のソヨンは遺言の内容に驚く。時にレストランの一帯は大規模開発が予定され、レストランを売りたいソヨンは、ウォーリーを亡き者にしたいと思う。こうして、ジソたちと大人たちとのバトルが展開。

 帰って来ない父を待ちわびるジソ。口論のあとに息子が出て行き、その後二度と息子に会えなかったオーナー。この映画は、家族を思いながらも再会がかなわない人たちの物語だ。ジソたちを助けてくれる不思議な放浪者デポー(チェ・ミンス)も、娘を思いながらも会いには行けない。そして、父の失踪の原因だとジソが思い込んでいる母も、本当は父を待っているのだ。

 ジソは、父がいなくなったのは母のせいだと思い、何度も母とぶつかってしまう。長引くみじめな車中生活。だが、親戚を頼るという現実的な選択を取らない理由は、実は母が父の「すぐ帰る」という言葉を信じているからだと知って泣く。マイペースでひょうひょうとしてるジソクが、いなくなった母を探して声を上げて泣く場面は、思わず涙が流れた。

 ウォーリーが戻ってきて、愛する者が自分のもとを去ることに対する、諦めの気持ちが変化するオーナー。その彼女の計らいで、ジソたちに思わぬプレゼントが届く。絆を深めたたくましい家族の姿に、幸せな気持ちが膨らんだ。
posted by HIROMI at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記