2008年03月26日

うた魂

試写会に誘って頂いて「うた魂」を観た。

高校の合唱部のパートリーダー・荻野かすみは(夏帆)、歌っている時の自分が大好き。あこがれの生徒会長から写真を撮らせてといわれ、てっきり愛の表現と思い込むが、実は歌ってる顔がおもしろいからとわかり、人前で歌うのがこわくなる。

 ショックと自信喪失で歌から離れようとする彼女に、別の高校の番町・権藤(ゴリ)がストップをかける。彼の言葉がソウルフル。「気持ちを入れないと、歌とオーディエンスに申し訳ないだろ」「一生懸命な顔に疑問を持ってたら、一生ダサイまま」「表現することにビビルんじゃねえ!」etc、etc・・。眼が覚めたかすみは、部のなかで裏方の仕事を引き受け、全国大会への切符を得るため地区予選優勝に賭ける。
 
 舞台は北海道で、かすみの歌う顔が産卵するサケに似てる、とか、彼女の祖父(間寛平)の趣味がサケをくわえる熊の木彫りとか、細かいところで笑わせてくれる。産休の代用で合唱部の顧問(薬師丸ひろ子)が、朝礼のあいさつに立ちながらいきなり倒れたりの場面も吹き出してしまった。間寛平は出てくるだけでほのぼのと笑える。

 かすみの顔は、はじめのうちは自己陶酔とあこがれの男の子から受けるはずの告白の妄想でバカみたいに笑ってばかり。ショックを受けてからは蒼白で、二つしか表情がないみたいだが、仲間とともに歌うことに気づいてから変わっていく。特に、自分を嫌ってる女の子にイヤミを言われたうえ、好きな相手に鉢合わせする場面では、追い討ちをかけられた痛みと、それを今胸に抱いて言う自信で振り払う瞬間の表情がきれいだった。

 不良の集まりの合唱部が、不良のコスチュームのまま尾崎豊のナンバーを歌うのがおもしろい。オーソドックスなものもポップなものも、いろんな歌が合唱で歌えるんだと改めて思った。中学校の合唱コンクールや、高校の文化祭がなつかしい。
 
 合唱部って、いつも歌ってばかりと思ってたけど、今日の映画で、腹筋をしたり、トレーニングが限りなく体育会系だと知りました。
posted by HIROMI at 23:49| Comment(4) | TrackBack(13) | 日記
この記事へのコメント
映画を観た帰り、「青春時代」の歌を口ずさんでいました。今から思えば、楽しかった高校時代、でも、その真ん中にいる時はいろいろ悩んだなあ、と。若い人はもちろん楽しめる映画でしょうが、どの年代が観てもその歳、その歳で楽しめる映画ですね。また、「歌」の「力」をあらためて感じた映画でした。
Posted by MAO at 2008年03月27日 08:46
MAOさん
コメントありがとうございます。
私も、終わりのHRで毎日歌を歌ったり、学校行事でコンクールがあったり、合唱することが身近だった中高生の頃を思い出しました。今はもっぱらプロの歌を聞くだけですが、みんなと一緒に歌うって、ほんとに楽しかったなあ。今より単純だったように思えるけど、思い出せば悩み多き時代でした。
Posted by HIROMI at 2008年03月27日 21:35
HIROMIさん、こんばんは!

年頃の女の子がサケに似ていると言われれば、傷つきますよねー(笑)。
自信過剰だったり、自己嫌悪だったり、この年頃の子たちは浮き沈みしやすいもの。
そういうところが夏帆さんが自然に演じていたと思います。
Posted by はらやん at 2008年04月06日 22:30
はらやんさん
コメントありがとうございます。
この年代の根拠のない自信ってこわいものなしですが、その分落ち込みも激しいですよね。友達との葛藤も、仲間との団結も、すっごく青春しててさわやかでした。
Posted by HIROMI at 2008年04月07日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13173779

この記事へのトラックバック

「うた魂♪」 人にどう見られるか気になるお年頃
Excerpt: 最近この手の音楽を題材にした青春映画が多いですけれども、先日観た「ブラブラバンバ
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2008-04-06 20:28

うた魂♪
Excerpt: 大好きなジャンルである青春映画の新作「うた魂♪」を観てきました。前回の「ガチ☆ボーイ」に続いて今回も楽しかったです。 自分が大好き...
Weblog: 映画 Go! Go!
Tracked: 2008-04-12 12:59

うた魂(たま)♪
Excerpt: 歌はテクニックよりもハート!
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2008-04-14 10:24

うた魂♪ 小路幸也
Excerpt: カバー装丁は冨岡祥雄。原案は栗原裕光。映画の小説化。 荻野かすみは合唱コンクールの全国大会常連校・七浜高校合唱部でソプラノパートリ...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2008-04-14 15:08

映画「うた魂♪」
Excerpt: 心ゆさぶられるほどの感動、というのもあながち大袈裟すぎる表現ではないかもしれない、それほどにソウルフルな合唱パワーがビシバシと伝わる物語・・・ 自分自身の独唱を録音して聞いてる彼女、..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2008-04-16 00:29

「うた魂♪」
Excerpt: 「うた魂♪」ユナイテッドシネマ豊洲 SC2で鑑賞 日活の3作品チケットが1枚あったのを忘れてた…。 誰かにもらったものなんだけど、金券ショップでも「ネガティブ…」公開前からすでに250円とかで..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2008-04-20 19:23

うた魂♪
Excerpt: うた魂♪’08:日本 ◆監督: 田中誠「タナカヒロシのすべて」◆出演: 夏帆、ゴリ、石黒英雄、徳永えり、亜希子、薬師丸ひろ子 ◆STORY◆七浜高校合唱部のソプラノリーダー、荻野かすみ..
Weblog: C'est Joli
Tracked: 2008-04-20 21:20

うた魂♪
Excerpt: gooブログはタイトルの記号がトラックバックで潰れてしまうから、あんまり使いたくないんだけど…、『うた魂♪』を田中誠監督と主演の夏帆、ガレッジセール・ゴリの舞台挨拶付きで観てきました。 ★★★★ 夏..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2008-04-24 20:58

【2008-81】うた魂(たま)♪
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 2001 シンクロ 2004 ジャズ 2006 フラダンス 2008年は「合唱」 “合唱”って、スゴイ! きっとあなたも歌いだす、 感動の..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2008-04-24 21:15

『うた魂♪』
Excerpt: ※映画の核に触れる部分もあります。鑑賞をすでに決められている方は、 その後で読んでいただくことをおススメします。 「いやあ、こういうことがあるから映画はオモシロいんだね。 というか、ほんと驚き。 ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2008-04-24 23:24

「うた魂♪」:新御徒町駅前バス停付近の会話
Excerpt: {/kaeru_en4/}「給食当番」?なんだ、ここは? {/hiyo_en2/}レストランみたいね。 {/kaeru_en4/}しかし、「給食当番」とは、また懐かしい響きだ。もう何年、白い割烹着を..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2008-04-27 17:16

うた魂♪(114作目)&疾風伝&名探偵の掟
Excerpt: うた魂はチャンネルネコでして入院中に病室で見て 結論は前半が微妙だったけども合唱の所は良いよ 内容は主人公かすみ自意識が丈が合唱の時の歌い方を を取られ悩むも自信を取り戻し復活する展開だ..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2009-04-25 21:20

映画『うた魂(たま)♪』 他人を理解する瞬間、人は成長する
Excerpt: 「うた魂(たま)♪」は、自意識過剰な主人公が、人の心に気づいて成長していく姿を描いた青春映画です。 主人公かすみ(夏帆)は、北海道立七浜高校女子合唱部のメンバー。歌うことが大好きで、とにかく自分..
Weblog: 事務屋の日記
Tracked: 2009-09-12 16:31