2008年08月04日

あの日の指輪を待つきみへ

 第二次世界大戦で恋人を失った女性と、彼女を取り巻く男友達の物語。
 夫チャックが病死しても悲しみを見せないエセル・アン(シャーリー・マクレー)。実は彼女にはかつて永遠の愛を誓った恋人テディがいて、テディは自分が万一の時に彼女を支えるよう親友チャックに頼んだのちに戦死。エセルを愛していたチャックは約束どうり彼女と結婚するが、証拠がないためエセルは彼の戦死を信じられず、チャックも娘も愛せなかった。

 「21歳で人生は終わった」という母の言葉の真相がを知りたいと思う娘と、語るのを拒む母。テディとチャック、ジャックの関係はすぐに分かるが、アイルランドの墜落現場で機体を発掘する老人の存在が謎で、彼の行動の意味が暴かれていくのはサスペンスのようだった。

 いなくなってしまった人を生涯愛し続けるエセルは戦争の被害者だが、彼女を守り愛しながら報われなかったチャックも哀れ。テディが、魅力的なジャック(クリストファー・ブラマ)ではなく、まじめだがパッとしないチャックに彼女を託したのは、彼女に生涯自分だけを愛させるためだったのでは?ジャックもエセルを愛していたのだから、ジャックの妻も空しい結婚生活を送ったはずで、男同士の友情の形を借りた約束は、悲劇しか生んでいない。
 ずっと彼女のそばにいながら愛を告白できずにいたジャックは、彼女を追ってアイルランドに飛び、そこで告白。エセルはそれを間単に受け入れるが、それならチャックのことも少しは愛してあげられなかったのだろうか。テディは死の間際に「自由に生きろ」というエセルへの伝言を頼むが、それよりむしろ、チャックに自分の頼みの取り消しを伝えるべきだったろう。

 若い時のエセルのまわりには、男三人しか描かれず、おしゃべりしたり相談できる女友達も、両親さえ現れない。看護婦見習いになったはずなのに、看護するのはチャックだけで、それも場所はテディとの家。快活で魅力的な彼女には、他の負傷兵やいろいろな出会いがあってもいいのに、そんなことは起こらない。彼女の世界は、巧みにかつ不自然に三人の男たちとの関係だけで閉じていて、この設定の中で彼女に自由に生きろというのは意味がないだろう。父を愛さなかった母をなじる娘さえ、ジャックの息子と結ばれるし、エセルにテディの指輪を渡す青年ジミーは、なんとジャックの相手だった女性の息子。見事に円が閉じている世界なのだ。

 エセルと男たちの話は壮大なメロドラマのように感じられたが、一方で、テディが戦死したアイルランドでのIRAによるテロや、テロ組織と警察の対立に巻き込まれる善良な青年が心に残った。戦争中も、同じキリスト教徒同士なのに、カトリックかプロテスタントかで対立し、防空棒の中に緊張が走る。
 90年代、機体墜落現場の丘で爆弾を操作する人物。暗殺遺体を掘り起こしたせいで尋問を受け、暴力を受けたうえ警察への協力を強制されるジミー。彼のおかげでエセルは指輪を手にするが、新しい幸せを手にするエセルのそばで、彼の周りはきな臭いままだ。
posted by HIROMI at 22:41| Comment(4) | TrackBack(14) | 日記
この記事へのコメント
過去であれ、現在であれ戦争が続く限りエセルのような女性の存在は何万人もいることを想像しました。ふと、「岡部伊都子さん」のことを考えて観ていました。彼女も婚約者を沖縄戦で亡くし、その後結婚されたのですが、離婚。彼女は今年亡くなられたのですが、死ぬまで、婚約者の手がかりを求めて沖縄へ出かけておられました。そういえば、忌野清志郎さんのお母様の最初の夫も戦死されたのですね、お母様の思いを清志郎さんは聞いていたのかな?何年か前の徹子の部屋では、徹子さんだけがしゃべっていたので、清志郎さんの感想聞いてなかったなあ。
Posted by ローズバッドロージー at 2008年08月05日 08:13
ローズバッドロージーさん
 昨日はありがとうございました。コメントも感謝です!
 昔の恋人を忘れられず夫に全く情を感じないエセルは、私には極端に感じられたのですが、実際に、戦争で突然大切な人を失った女性の正直な心の姿なのでしょうね。父から聞いたのですが、親が決めたお見合いで結婚した女性でも、短い結婚生活の思い出に生きて、再婚しない人が大勢いたそうです。
 清志郎は、お母さんの前夫が戦死しなければ自分が生まれることはなかったので、それを考えると複雑な気持ちになる、と何かで語っていました。「COVERS」の時に、お母さんの形見の中に、夫を思って詠んだ反戦の短歌を見つけ、自分の歌との不思議なつながりに驚いたそうです。
Posted by HIROMI at 2008年08月05日 19:10
以前に拙ブログにトラックバック、有り難うございます。

さて、本映画ですが、やはり、私のように表面的な見方とは随分、異ですね。

私からみれば、まずは、子供も生まれたと言うのに50年間も同じ思いを持つことが信じられなかったですし(だって、自分の子供でしょう!)、また、英国の男も50年間も掘り続けるとは。ともかく、この映画、50年間組が多すぎだと思いました。

それにしても、ミーシャ・バートンがシャリー・マクレーンになる方が、余程、世は無常だと思いました(笑)
Posted by matsumo at 2008年08月16日 18:47
matsumoさん
お越しくださってありがとうございます。
エセルが、ずっと昔の恋人を思っていたことには共感がありますが、だからといって、自分を支えてくれた夫と子どもに対して全く愛情をもたなかったという設定は、私も極端だと感じました。
シャーリー・マクレーンの演技はさすがと思いましたが、そういえばエセル役の二人は顔があまり似ていませんでしたね。

Posted by HIROMI at 2008年08月17日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17620587

この記事へのトラックバック

あの日の指輪を待つきみへ
Excerpt:  『運命の愛は、一度きりじゃない。』  コチラの「あの日の指輪を待つきみへ」は、7/19公開となった半世紀と二大陸を結ぶ実話から生まれた感動のラブ・ストーリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-08-04 23:03

『あの日の指輪を待つきみへ』
Excerpt: (原題:CLOSING THE RING) ----これ、ニャンだかタイトルからして、 『きみに読む物語』とか『いつか眠りにつく前に』みたいな ノスタルジックで甘いロマンスの香りが漂ってきそう。 ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2008-08-05 00:01

あの日の指輪を待つきみへ
Excerpt: 7月21日(月) 13:20〜 テアトルタイムズスクエア 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:700円 『あの日の指輪を待つきみへ』公式サイト 相当の御大リチャード・ア..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2008-08-05 00:17

『あの日の指輪を待つきみへ』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「あの日の指輪を待つきみへ」□監督 リチャード・アッテンボロー □脚本 ピーター・ウッドワード □キャスト シャーリー・マクレーン、クリストファー・プラマー、ミーシャ・バート..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2008-08-07 22:51

あの日の指輪を待つきみへ
Excerpt: 第二次大戦下の悲恋を描くが、現代の紛争も同時に描き、物語がただ郷愁に浸るのを防いでいる。心を閉ざして生きたエセル・アンは、ある指輪によって過去を回想することに。戦時下、男3人がそれぞれの形で愛するエセ..
Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評
Tracked: 2008-08-09 19:21

『あの日の指輪を待つきみへ』
Excerpt: 新宿のテアトルタイムズスクエアにCLUBCのたまったポイントで無料鑑賞が出来たので、『あの日の指輪を待つきみへ』を観てきました。********************第二次世界大戦前夜の1941年と..
Weblog: cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー
Tracked: 2008-08-10 16:00

「あの日の指輪を待つきみへ 」もう自由にしていいよ、心のままに
Excerpt: 「あの日の指輪を待つきみへ 」★★★☆ シャーリー・マクレーン 、クリストファー・プラマー 、ミーシャ・バートン 主演 リチャード・アッテンボロー 監督、アメリカ イギリス カナダ 118分、2..
Weblog: soramove
Tracked: 2008-08-25 19:57

あの日の指輪を待つきみへ 原題:Closing the ring
Excerpt:  あの日の指輪を待つきみへ タイトルが長〜いよ! 8月29日、京都シネマで鑑賞した。原題は「Closing the ring 」日本語タイトルは何故、こんなに長いのだろうか?長いもんで、チケット購入..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2008-09-10 14:59

あの日の指輪を待つきみへ
Excerpt: アイルランドの丘で発見された指輪。50年間眠り続けた愛の秘密が今、目覚める・・・ すべては、名前が刻まれたひとつの指輪から始った__ 物語:1991年、アメリカ。ミシガン州ブラナガンに暮らす..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2008-09-19 14:54

『あの日の指輪を待つきみへ』 2008-No58
Excerpt: このミーシャ・バートンが、 「シックス・センス」のベッドの下の、 あの彼女だと言うので観に行こうと思った映画。 3人の男性が...
Weblog: 映画館で観ましょ♪
Tracked: 2008-09-23 23:06

「あの日の指輪を待つきみへ」
Excerpt: 普通にラブストーリーかなと思っていたので、こんな風に推理的要素がある映画だとは・・・
Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク
Tracked: 2009-01-07 09:25

あの日の指輪を待つきみへ
Excerpt: 2007 イギリス, カナダ, アメリカ 洋画 ラブロマンス ドラマ 作品のイメージ:切ない 出演:シャーリー・マクレーン、クリストファー・プラマー、ミーシャ・バートン、スティーヴン・アメル ..
Weblog: あず沙の映画レビュー・ノート
Tracked: 2009-02-17 19:48

映画「あの日の指輪を待つきみへ」
Excerpt: 原題:Closing the Ring 最近読んだ「100 Touching Story」ただ単純に百の感動的な短い物語を世界中から集めただけの本だけど、そのほとんどのお話に胸の詰まる思いがする・・..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2009-06-07 12:27

映画『あの日の指輪を待つきみへ』を観て
Excerpt: 73.あの日の指輪を待つきみへ■原題:ClosingTheRing■製作年・国:2007年、アメリカ・カナダ・イギリス■上映時間:118分■字幕:石田泰子■鑑賞日:8月23日、テアトルタイムズスクエア..
Weblog: KINTYRE’SDIARY
Tracked: 2010-01-28 21:49