2008年10月22日

レッドクリフ

 昨夜、試写会で「レッドクリフ」を観た。
 中国琴の生演奏の後、ジョン・ウー監督、孫権役のチャン・チェン、小喬役のリー・チンが会場に現れ、挨拶と長いインタビュー。豪華な試写会でした。

 1800年前の中国、後漢が滅んだあとに興った、魏・呉・蜀の三国時代を描いた超大アクション・スペクタクル。
 漢の若い皇帝を牛耳って、領土拡大を狙う魏の曹操(チャン・フォンイー)は蜀を攻撃、劉備(ユー・ヨン)は彼を慕う民をつれて逃げるが大きな犠牲を出してしまい、諸葛孔明(城武)が呉の将軍周愈(トニー・レオン)とともに魏と戦うための連盟を提案、両国はは力を一つにして兵力80万の大国魏と戦うことになる。
 劉備の部下の趙雲(フー・ジュン)が劉備の赤ん坊を救い出す場面が迫力の、魏の追撃から逃げる場面。その後、呉の孫権が魏と戦う決心をするまでの、諸葛孔明と周愈の友情、周愈の進言、周愈と妻・小喬の夫婦愛。それから、魏と両国がついに対決し、水路からまず攻めてくると見せかけた曹操の策略を読んで、陸で大軍を迎え撃って戦う場面。大きくこの三つで構成されてたと思う。

 とにかく戦闘シーンがすごかった。すごい大勢が長い槍をふりまわして、撮影時はケガが多かったのではないかなあ。張飛や関羽や周愈など、劉備の将軍たちが、自ら敵軍に飛び込んで戦うのがド迫力。彼らのまわりは死体累々で、まさに猛威を振るう、という感じ。1800年もの間、名を残しているのだから、本当にこれくらいだったのかも。

 三国志は読んだことがないので、ついていけなかったら困ると思って少しは学習したんだけど、「桃園の誓い」も、「三顧の礼」も出てこなかったし、これからという場面で映画が終わり、結局「赤壁の戦い」さえ、描かれるのはPART2だそうだ。会場ではどよめきが起こっていた。え〜っ、来年4月まで待たされるわけ?でも、2時間半がそう長く感じられなかったし、それぞれの人物が個性的で、おもしろかった。

 トニー・レオンは、武将にしてはマスクが甘すぎる気がしたけど、金城武の諸葛孔明は、すごくかっこよかった。瞳が明るくて、聡明そうでした。 
 
posted by HIROMI at 21:31| Comment(16) | TrackBack(39) | 日記
この記事へのコメント
三国志完全映画化と言っておきながら、「桃園の誓い」も「三顧の礼」も出てこないのはちょっと残念でしたね。
まぁジョン・ウーだからと思えば、仕方なしなんでしょうね。
Posted by にゃむばなな at 2008年11月03日 12:37
にゃむばなさん
お越し下さってありがとうございます。
三国志は読んだことがなくて、付け焼刃で少しだけ勉強してから観たのですが、有名な逸話が出てこないのは意外でした。
知らない人に気を使いすぎだったかも知れないですね。
Posted by HIROMI at 2008年11月03日 18:30
こんばんは♪
コメントありがとうございます(^_^)

試写会でご覧になられたんですね。
羨ましいです(^_^)

おっしゃる通り、戦闘シーンがすごかったです!
期待以上の見せ場に次ぐ見せ場で
手に汗握りました(^^♪

最高に盛り上がったところで、終わっちゃって、
本当に憎い演出でした(^_^;)
Part2まで待ちきれないです♪
Posted by tapomushi12 at 2008年11月03日 22:58
こんにちは!
戦闘シーンは見応えありましたね!
馬がひっくりかえるシーンが多くて、馬が心配になりました^^;
私もトニー・レオンは司令官にしては線が細い気がしましたね。
金城武の孔明ははまり役でした。
来年の4月が待ち遠しい!
Posted by アイマック at 2008年11月04日 15:09
tapomushi12さん
さっそくのご来場感謝です!反応が遅くてすみません。
戦闘シーン、武将たちの活躍がすごかったですね。一人ひとりが際立っていて、古代中国の武将の伝説的な勇猛ぶりを再現したらあんな風なのか、と思いました。趙雲と関羽が特にかっこよかったです。
赤壁の戦いが始まる前に終了したのは、かなりびっくりしました。Part2が待ち遠しいです。
Posted by HIROMI at 2008年11月04日 19:43
アイマックさん
お越しくださってありがとうございます!
雨のような槍の攻撃に馬が倒れる場面は、すごい臨場感でしたが、何度も取り直ししてたら可哀そう。頭数も半端じゃなかったですね。とにかく迫力の戦闘シーンでした。
孔明役の金城武は、知将の雰囲気がよく出ていましたね。
Posted by HIROMI at 2008年11月04日 20:34
こんばんは、コメント有難うございました。
おお、試写会でしたか、それにお琴の演奏にジョン・ウー監督にチャン・チェンとリー・チンまで、羨ましいかぎりです。
そう、この映画に史実なんて意味が無いし、求めるものでもないのかもしれませんね。
ただ単純に、ジョン・ウーの三国志エンターテイメントを頭空っぽにして楽しめばいいのですよね。
結果はやっぱりハリウッド的でバリバリのCG、あの虎もそうだし、でも兵隊は人民解放軍を使ったというから、いつもの人海戦術だね。
でもこれくらいの規模だとハリウッドの手法しか通じないのも現実かも。
私的には、周瑜のトニーと孔明の金城武に釘付け状態でした。
お琴の合奏シーンも迫力あって良かったし、まさか、馬のお産の手伝いまでさせられるとはね。
あの最後で、孔明が双方陣構える赤壁で、曹操軍の大船団向けて白鳩羽ばたかせて、その白鳩の視点で曹操軍の陣中を駆け抜けるシーンは爽快で良かったです。
ああ、あと八卦の陣もねカンペキ!
大方自分の予想通りであって、大満足でした。
Posted by パピのママ at 2008年11月05日 22:01
パピのママさん
さっそくのご来場ありがとうございます。
試写会豪華でしたよ。初めに予告編みたいな映像が流れて、それから琴の生演奏、そのあと監督と俳優二人が出てきました。リー・チンはタイトなミニのドレスですっごくセクシー&ビューティー。かなり長身でモデルのようでしたが、映画で観るとさらに美しかったです。
ジョン・ウー監督は、中村獅道がケガにもめげずに演技を続けたことを称えていました。ワイヤーを使用するかなりのアクションだったからとか。
確かに虎とか、大軍の船とか、CGをバリバリ使っていたけど、武将たちが軍の先陣を切って突っ込み、長い槍を振り回して戦う場面など、一人ひとりの活躍を描く場面がすごい迫力だったと思います。
周瑜と孔明が琴を合奏する場面は迫力があって、かつ優雅でしたね。それでさっき琴演奏があったのか、と観ながら思ってました。
周瑜の知将ぶりはかっこよかったですね。彼が、牛泥棒を摘発しないために兵士全員の脚が泥で汚れるように命令し、百姓に水牛を返して謝る場面に感銘を受けました。
孔明は、金城武でぴったりでしたね。
Part2でのふたりの活躍が楽しみです。
Posted by HIROMI at 2008年11月06日 00:03
お邪魔します〜♪

>結局「赤壁の戦い」さえ、描かれるのはPART2だそうだ。
Part1ってあったから、そうなるとは予測して
ましたけどねぇ・・・今年の12月くらいに公開
してくれたらエエのに!そしたら記憶も確かなモノ
だろうしぃ・・・
Posted by はっち at 2008年11月06日 07:36
はっちさん
お出で下さってありがとうございます!
夢中になって観てて、さあこれからというところで「次に続く」というのは唖然でした。
来年までなら三国志を勉強できる時間はたっぷりですけどね。
Part2でもハトが飛ぶのかなあ。
Posted by HIROMI at 2008年11月06日 20:14
こんばんは!
PartUが4月だなんて、、、遅いですよね〜
早く観たくてたまりません(笑)
戦闘シーンに迫力があってクギ付けになりました。
関羽や趙雲の戦いが見事でしたよね〜
あり得ない〜〜〜とか思いながら大興奮でした。
金城さんの孔明は素敵でしたね〜
個人的にはあまり賢そうには見えなかったのですが(汗)、涼やかな雰囲気がとても良かったです♪
Posted by 由香 at 2008年11月10日 18:11
由香さん
ようこそお越し下さいました!
戦闘シーンはすごかったですね。ものすごい数の槍が重なり合って、それをはねのけつつ突進し、やられた人が宙を飛んで・・。
自衛隊の1対15なんて目じゃない状況。
あり得ないけど、伝説的な猛者たちを表現するには、あれくらいじゃないと逆に真実味がないのかも、とも思いました。
金城武の涼しげな雰囲気、ツボでした。赤壁の戦いでの活躍が楽しみです。
Posted by HIROMI at 2008年11月10日 20:24
TBありがとうございます。
金城くんはやっぱり中国語の方がいい演技をしますね。
気のせいかな(笑)?
Posted by きぐるまん at 2008年11月10日 22:42
きぐるまんさん
お越し下さってありがとうございます。
金城武、4つの言語を話すんですよね。それだけでもクラっときますが(笑)、今回は特に素敵でした。
Posted by HIROMI at 2008年11月10日 23:15
こんにちは〜♪
お邪魔します。

>会場ではどよめきが起こっていた

そうなんですか?
いち早く反応を知れる
試写会でご覧になられたとは羨ましいデス(当たったのでしょうか?(^^))
わかり易い作りでしたよね〜。
金城さんは
日本語のドラマのみだったので
(いい意味で)びっくりしましたが(笑)
中国語の方がナチュラルな演技で
ますます惚れそう(笑)でした〜。
映画は時々ですが
またご一緒の作品がありましたら
宜しくお願いします。
Posted by ルル at 2008年11月21日 12:58
ルルさん
ご来場ありがとうございます!
試写会の会場、観る前の興奮も、Part2に続くことを知らされた時のどよめきもすごかったですよ。
私自身はクジ運ゼロで(笑)、驚異的に当たる友人にいつもラッキーのおすそ分けを頂いています。
金城さん、かっこよかったですね〜。何ヶ国語も堪能で、しかも美形だなんて。演技もぴったりで、超シビレました。話が分かりやすくて無理なくついていけましたのもよかったです。
こちらこそ、また宜しくお願い致します。
Posted by HIROMI at 2008年11月21日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21670459

この記事へのトラックバック

[映画『レッド・クリフ PART1』を観た]
Excerpt: ☆最初は、TVゲーム的な画面構成で、時代状況や、英雄の配置を説明されて、「おやおや随分とザックリした映像作りだなあ」と思って見ていた。  でも、そのカンニング的な作りが、すぐに語られる曹操軍や劉備軍..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
Tracked: 2008-11-03 11:35

レッドクリフPartT
Excerpt: 男義の世界「三国志」の中で最も有名な「赤壁の戦い」を描いたこの映画は、良くも悪くもジョン・ウー作品であり、呉宇森作品ではない。そんな風に感じました。そしてこれは日本公開版だけなのか、エイベックスの無粋..
Weblog: めでぃあみっくす
Tracked: 2008-11-03 12:39

レッドクリフ PartI
Excerpt: かの有名な「三国志」の中でも最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を、ジョン・ウー監督の手により映像化。出演は、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン..
Weblog: Yuhiの読書日記+α
Tracked: 2008-11-03 12:52

レッド・クリフ(Part1)/RED CLIFF/赤壁
Excerpt: ジョン・ウー監督が、構想18年、制作費100億、更に10億、自らの資産をつぎ込んで創り上げた最新作はなんと三国志{/ee_3/} 中国、香港、台湾、韓国、タイ、シンガポールとアジア各国で7月1..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2008-11-03 14:20

レッドクリフ Part1
Excerpt: 興奮と退屈が,いったりきたり。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2008-11-03 15:38

レッドクリフ Part I
Excerpt: 結局は女のために闘う 【Story】 はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めた...
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2008-11-03 16:27

レッドクリフ Part I
Excerpt: ジョン・ウー監督が「三国志」で有名な闘いである赤壁の戦いを全2部作で 描く歴史劇の第一作。西暦208年。後漢王朝の丞相である曹操は、荊州・新野に駐屯している 劉備と江南の孫権を討つべく80万の軍をさし..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2008-11-03 17:59

クオリティーの高い作品が台無し。『レッドクリフ Part I』
Excerpt: 中国の英雄伝「三国志」を基に、国をかけて戦う男たちの姿を描いた作品です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2008-11-03 19:09

『レッドクリフPartI』を観たぞ〜!
Excerpt: 『レッドクリフPartI』を観ました『M:I-2』、『フェイス/オフ』のジョン・ウー監督が、三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編です>>『レッドクリフPar..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2008-11-03 20:06

レッドクリフ Part1 を観たゾ
Excerpt: レッドクリフ Part1 を観てきました 三国志での最も有名なエピソードであろう(多分)
Weblog: ヤジャの奇妙な独り言
Tracked: 2008-11-03 20:24

『レッドクリフ PartI』
Excerpt: (原題:Red Cliff 赤壁) 「もう、これは大満足。 映画の日にこの作品の初日をもってくるなんて、 配給・興行も憎いことをするね」 ----そうニャンだ。 最初、えいは「『三国志』を知らない..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2008-11-03 22:04

レッドクリフ Part I
Excerpt: 赤壁/RED CLIFF(2008/中国=台湾=韓国=アメリカ=日本)【劇場公開】 監督: ジョン・ウー 出演:トニー・レオン/金城武/リン・チーリン/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュ..
Weblog: 小部屋日記
Tracked: 2008-11-04 14:11

レッドクリフ PartI−(映画:2008年60本目)−
Excerpt: 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、ザン・ジンシェン、バーサンジャブ、フー・ジュン、中村獅童、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン、ヨウ・ヨン、チャン・チェン、チャン・フォンイー..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2008-11-04 23:50

レッドクリフ PartT
Excerpt: 曹操の大軍80万に義と知略で立ち向かう劉備軍・孫権軍5万の連合軍、勝機は何処に! 物語:西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。 しか..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2008-11-05 15:08

レッドクリフ 2008-61
Excerpt: 「レッドクリフ」を観てきました〜♪ 今から1800年前の中国、曹操(チャン・フォンイー)率いる魏軍は、その兵力にモノをいわせ隣国を攻撃していた。魏に対抗するため諸葛孔明(金城武)は、呉の国を訪れ..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2008-11-05 21:59

レッドクリフ Part?
Excerpt: 原題:赤壁/RED CRIFF 製作年度:2008年 製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 上映時間:145分 監督:ジョン・ウー 原作:―― 脚本:ジョン...
Weblog: スワロが映画を見た
Tracked: 2008-11-06 14:22

レッドクリフ PartT REDCLIFF
Excerpt: 知略に富んだ戦いに震える ■ストーリー 西暦208年の中国、80万人の兵と2000隻の戦艦を率い、曹操は赤壁(せきへき)を責めようとしていた。 降伏を迫る連合軍は同盟を組み...
Weblog: シネマログ
Tracked: 2008-11-06 22:07

★「レッドクリフ Part I」
Excerpt: 今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その2本目。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2008-11-07 01:21

レッドクリフ Part?
Excerpt: 『三国志』には詳しくありませんが、チラホラ知ってはいるので、例によって「諸葛孔明って素敵〜」的なミーハーな認識程度はあります(照)で、、、智に長けた孔明を金城君が、そして孔明に勝るとも劣らない知力と仁..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2008-11-07 23:29

映画「レッドクリフ PartI」(2008年、米・中・日・台・韓)
Excerpt:     ★★★☆☆   「三国志」の「赤壁の戦い」を描いた戦争スペクタクルの前編。 監督は呉宇森(John Woo )。 原題は「赤壁」。     ◇  天下統一の野望を抱く魏の曹操(張豊毅)は、 南..
Weblog: 富久亭日乗
Tracked: 2008-11-09 10:37

『レッドクリフ Part?』
Excerpt: 監督:ジョン・ウー  CAST:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン 他 西暦208年。中国では絶大な権力を...
Weblog: Sweet*Days**
Tracked: 2008-11-09 16:00

「レッドクリフ Part1」
Excerpt: 「レッドクリフ Part1」、観ました。 中国の有名な演義な一つ「三国志演義」の映画化! 中盤最大の見せ場である、赤壁の戦いをアジアのス...
Weblog: クマの巣
Tracked: 2008-11-09 17:44

『レッドクリフ Part I』(2008)
Excerpt: 「レッドクリフ」とカタカナで書かれるとピンとこないが、漢字で書けば「赤壁」。『三国志』中でおそらく最も有名であろう「赤壁の戦い」を、中国のみならず、アメリカ、韓国、台湾、それに日本の合作で、ジョン・ウ..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2008-11-11 21:30

『レッドクリフPartI』
Excerpt: 今日は仕事がオフ。水曜なのでレディースデーで混んでいるであろう映画館と思ったけれど、せっかく映画館に行く気分になってるんだから、観に行かないと。。。新宿ピカデリーで『レッドクリフPartI』を観てきま..
Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー
Tracked: 2008-11-14 00:13

レッドクリフ Part1
Excerpt: 西暦208年 長江 赤壁の戦い。
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2008-11-14 23:34

【映画】レッドクリフ Part I
Excerpt: ▼動機 今月末期限の無料鑑賞券を使うため ▼感想 つみきみほがでてた。 ▼満足度 −−−−−−− おいとき ▼あらすじ はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2008-11-18 20:49

レッドクリフPart1
Excerpt:   監督・製作・製作総指揮・脚本 ジョン・ウー  製作国 アメリカ、中国、日本、台湾、韓国
Weblog: ドラ☆カフェ
Tracked: 2008-11-20 15:27

レッドクリフ (金城武さん)
Excerpt: ◆孔明 役の金城武さん(のつもり) 金城武さんは、現在公開中の映画『レッドクリフ Part I』に諸葛亮(孔明)役で出演しています。 昨日、ようやく劇場に観に行くことができました。 ●あらすじと感..
Weblog: yanajunのイラスト・まんが道
Tracked: 2008-11-21 14:09

レッドクリフ第1部
Excerpt: ・レッドクリフ第1部(11月1日より公開 出演:トニーレオン・金城武出演) 三国志の「赤壁の戦い」をモデルにしており、2部構成で今回は前半部分(後半は来年の4月に公開予定) 「赤壁の戦い」のメイン(船..
Weblog: 充実した毎日を送るための独り言
Tracked: 2008-11-23 12:43

【レッドクリフ Part I 】
Excerpt: 【RED CLIFF/赤壁】【監・製・総・脚】  ジョン・ウー 【製作国・地域】  アメリカ/中国/日本/台湾/韓国  【配給会社】      東宝東和...
Weblog: +++ Candy Cinema +++
Tracked: 2008-12-01 16:02

『レッドクリフ Part1』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2008-12-19 08:49

「レッドクリフ Part?」
Excerpt: 今から30年以上前、偶然手にした一冊の漫画。中国の歴史小説を題材とし、横山光輝氏が手掛けたその作品に、自分はすっかり魅せられたしまった。後漢末期から三国時代にかけての群雄割拠の時代を描いた「三国志」で..
Weblog: ば○こう○ちの納得いかないコーナー
Tracked: 2008-12-21 02:41

レッドクリフPart1 <ネタバレあり>
Excerpt:  武ちゃんが出てなかったら多分・・・観に行ってない  三国志は難しいし よー分らんから  ってか興味ないけど、旦那が大好きで どーせ観に行くなら 予習しとき〜 って 一応はちょぴっと 予備知識を入れて..
Weblog: HAPPYMANIA
Tracked: 2008-12-24 22:49

『レッドクリフ PartI』 @新宿ピカデリー
Excerpt: 西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな..
Weblog: 映画な日々。読書な日々。
Tracked: 2008-12-28 15:58

映画「レッドクリフ PartI」
Excerpt: 原題:Red Cliff 西暦208年、日本なら弥生時代の2〜3世紀、卑弥呼のいた邪馬台国の時代だっただろうか、魏・呉・蜀の三国が覇権を争う『三国志演義』はあまりにも有名〜 後漢時..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2009-01-10 12:11

映画:レッドクリフ Part I
Excerpt:  歴史が苦手で三国志にも興味がない。そしてネタもとは忘れてしまいましたが、期待を裏切られた映画ベスト1位か2位にランクインしていたという記事を読んでもう観ないと決めていたんです。でも、他の..
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2009-01-27 22:29

レッドクリフ -Part I-
Excerpt: 2008 アメリカ, 中国, 台湾, 韓国 洋画 アクション 文芸・史劇 作品のイメージ:カッコいい、ドキドキ・ハラハラ、スゴイ 出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン ..
Weblog: あず沙の映画レビュー・ノート
Tracked: 2009-02-18 08:38

『レッドクリフPartI』を観たぞ〜!
Excerpt: 『レッドクリフPartI』を観ました『M:I-2』、『フェイス/オフ』のジョン・ウー監督が、三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編です>>『レッドクリフPar..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2009-03-22 22:40

『レッドクリフ Part1』'08・米・中・日・台・韓
Excerpt: あらすじ西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に脅威を感じているものの非戦を唱える臣下が多く・・・。感想日曜にテレビでやっ..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2009-04-30 08:11