2008年11月23日

ブーリン家の姉妹

16世紀のイングランド。政略結婚が当たり前だった時代に生きた二人の姉妹の物語。

 ブーリン卿は、娘のうち、妹メアリー(スカーレット・ヨハンセン)を裕福な商人と結婚させる一方、王子が生まれないことに焦る王に姉アン(ナタリー・ポートマン)を近づけて一族の出世を画策する。だが、王がアンでなくメアリーに惹かれたことから姉妹の運命は狂っていく。

 娘を道具に使う父親と従わされる娘たちの間には不思議なほど葛藤がないが、互いへの嫉妬と羨望、疑惑が姉妹の仲を裂いてしまう。相手がたった一人の権力者で、彼の愛を得ることが自分たちの使命で、それに人生を賭けざるを得ないだけで十分過酷な状況なのに、そのライバルが姉妹だというのは本当に悲劇だと思う。誰も姉妹の心中を問題にせず、家族というより小さな政治結社のよう。

 一族を宮廷に召すのは要請ではなく命令だと聞かされ、メアリーは王の寵愛を受け入れる。自分が選ばれなかったことにショックを受けたアンは、婚約者のあるヘンリー・パーシーと秘密裏に結婚。だが、王の許しを得ていないからと、メアリーはそれを父に告げてしまう。パーシーには許婚がいるのに、とメアリーは言うが、自分こそ夫のある身。王に愛を感じているのなら、アンの恋心も理解できたろうに。姉を案ずると言いながらの反射的な行動が理解できない。

 恋人と裂かれてフランスへ追われたアンが、王の奪還に燃えて戻ってきてからが恐ろしい。妹を傷つけたくないからと、豪華なプレゼントも拒否して翻弄し、王の求愛をじらしにじらす。このあたりの駆け引きは恋愛指南本みたい。メアリーが出産で苦しむそばで、条件つきで王を受け入れる気があることを口にして気を引くアンも、息子の誕生より欲望優先の王もおぞましかった。

 愛人の子どもがしょせん平民なのなら、ブーリン卿はなぜ娘にわざわざ世継ぎを望んだのだろう。妹の轍を踏みたくないアンはついに王妃の座につくが、王の心が自分から離れることを恐れつつ生きる、というのは同じだった。身を許すまではあれほど優位だった王との関係は、結婚後に見事に逆転。命がけの出産に冷淡に振舞われ、新しい愛人の出現に傷つくのもメアリーと同じ。気の強いアンが、王に見放される恐れでわななく場面は痛々しかった。

 アンにとっては人生最大の駆け引きでも、王にとっては数あるゲームのひとつで、すぐに手に入らなかった分刺激が大きかっただけ。支払った代償が大きい分、その後の彼女への評価はきつくなる。アンが王妃の地位を要求したことによって、イングランドはローマと決別し、歴史が大きく動いたというが、結局すべては王が自分の欲望を満たすための方便。ヘンリー八世は、人としては自制のきかないエロ親父にしか見えなかった。王である分、それがグロテスクに肥大したような。自分の欲望には貪欲で、どんな破廉恥でも公然なのに、他人への情愛に欠けて、酌量もなく処刑する。それでもそのすべてがニュートラルな感じだったのがかえって絶対権力者らしかった。

 処刑の場面は、瞬間に頭部が落ちたようだったが、斧や剣では実際はもっと惨たらしかっただろう。最後に、アンとの子どものエリザベスが大英帝国を築いた、となっていたが、その前に「血のメアリー」が君臨する。血塗られた歴史はまだまだ、というところか。
posted by HIROMI at 23:41| Comment(2) | TrackBack(23) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは!
アンのかけひきは、上級技ですよね。
この時代って、現代人からみたら滑稽としかみえなかったです。
でも愛憎にみちた宮廷ものはおもしろいですね!
Posted by アイマック at 2008年11月24日 13:15
アイマックさん
コメントありがとうございます!
アンの駆け引きはスリリングだけど、妹も追放させて非情でしたね。
彼女の最後は哀れ。知恵と度胸で必死に生きても、運命は王に操られて、天寿を全うするのが難しい時代だったんだなあ、と思いました。
Posted by HIROMI at 2008年11月24日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23275928

この記事へのトラックバック

ブーリン家の姉妹
Excerpt: 歴史物って大好きなので楽しみにしていました〜【story】16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を求めていることを知った野心家のノー..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2008-11-24 10:49

映画 「ブーリン家の姉妹」
Excerpt:  ばら戦争(1455〜1485)が終わって、イングランドはチューダー朝の幕があける。16世紀前半に君臨したヘンリー8世は文武両道に優れた王様だったが、精力絶倫の噂を後世に残している。しかし後宮に多数の..
Weblog: After the Pleistocene
Tracked: 2008-11-24 11:05

ブーリン家の姉妹
Excerpt: The Other Boleyn Girl(2008/イギリス)【劇場公開】 監督: ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン/スカーレット・ヨハンソン/エリック・バナ/ジム・スター..
Weblog: 小部屋日記
Tracked: 2008-11-24 11:27

ブーリン家の姉妹/The Other Boleyn Girl
Excerpt: スカちゃんとナタリーがエリック・バナを姉妹で取り合う{/m_0161/} 恋のドロドロ悲劇もの、かと思ってたらちょっと違った! 珍しく表参道ヒルズを会場に行われた試写へ行って来た{/hikar..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2008-11-24 12:03

ブーリン家の姉妹
Excerpt:  愛された女と、勝ち取った女。
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2008-11-24 21:48

映画レビュー「ブーリン家の姉妹」
Excerpt: The Other Boleyn Girl [Original Motion Picture Soundtrack]◆プチレビュー◆若手実力派女優2人の競演が華やかな歴史劇。前後につながる実在の人物を..
Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評
Tracked: 2008-11-24 23:15

ブーリン家の姉妹
Excerpt: 11月3日(月) 10:30〜 有楽座 料金:1450円(有楽町の金券屋チケットフナキで前売り券を購入) プログラム:600円(未購入) 『ブーリン家の姉妹』公式サイト 前売り購入時、間違って「ブ..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2008-11-24 23:27

ブーリン家の姉妹★☆THE OTHER BOLEYN GIRL
Excerpt:  これは、エリザベス一世の母の物語です。 10月29日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。レディースディなので、1000円です。そんなこともあってか?どうか?は分かりませんが。満席に近い状態でした。しかも8..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2008-11-25 01:52

「ブーリン家の姉妹」歴史なんて、色恋沙汰次第…。
Excerpt: [ブーリン家の姉妹] ブログ村キーワード   “ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン夢の共演!”「ブーリン家の姉妹」(ブロードメディア・スタジオ)。イイですね〜、今が旬の美女2人が..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2008-11-25 02:05

ブーリン家の姉妹
Excerpt: 16世紀のイギリスの宮廷を舞台にイギリス国王であるヘンリー8世を巡って エリザベス1世の母であるアン・ブーリンとその妹のメアリー・ブーリンの 数奇な運命を描いた歴史ドラマ。16世紀、時のイングランド国..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2008-11-25 08:48

ブーリン家の姉妹
Excerpt:  書きかけの記事を多数かかえながら、またまた脱線しまして、「ブーリン家の姉妹」です。  1日は映画が1000円で、たまたま土曜日に重なりましたので、行ってまいりました。  ブーリン家の姉妹 公式サイ..
Weblog: 郎女迷々日録 幕末東西
Tracked: 2008-11-27 00:43

ブーリン家の姉妹 を観ました。
Excerpt: チョー久しぶりのスクリーンです。観たかった作品のひとつでしたので迷わず…
Weblog: My Favorite Things
Tracked: 2008-12-13 11:12

ブーリン家の姉妹
Excerpt: キャラと実質は逆? 【Story】 16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛...
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2008-12-30 02:58

映画「ブーリン家の姉妹」
Excerpt: 原題:The Other Boleyn Girl 女の奥義を極める、男を立て主導権をとっていると思わせ実は女が主導権を握った状態のこと、母は娘に言い含め、娘はそれを体現する〜姉妹の愛と葛藤〜 ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2009-01-10 12:09

ブーリン家の姉妹
Excerpt: 2008 アメリカ, イギリス 洋画 ラブロマンス 文芸・史劇 作品のイメージ:感動、おしゃれ、ためになる 出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、ジム・スタージェ..
Weblog: あず沙の映画レビュー・ノート
Tracked: 2009-02-18 08:40

「ブーリン家の姉妹」(THE OTHER BOLEYN GIRL)
Excerpt: 16世紀の英国宮廷を舞台に国王ヘンリー8世と、新興貴族ブーリン家の美しき姉妹との愛憎をつづった歴史ヒューマンドラマ「ブーリン家の姉妹」(2008年、英米、ジャスティン・チャドウィック監督、115分、コ..
Weblog: シネマ・ワンダーランド
Tracked: 2009-05-17 17:08

【映画】ブーリン家の姉妹
Excerpt: ▼動機 とあるプロの方の批評文を読んで ▼感想 イングランド及び英国の歴史の一端を知るいい機会に ▼満足度 ★★★★★★★ びっくり ▼あらすじ 16世紀、イングランド国王ヘンリー8..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2009-05-17 19:56

『ブーリン家の姉妹』
Excerpt: 今から500年前のイングランド、ヘンリー8世(エリック・バナ)が統治していた時代。 5歳年上の王妃キャサリン・オブ・アラゴンの度重なる流産と死産で、世継ぎの男子に恵まれないことから、ヘンリーはこの結婚..
Weblog: 千の天使がバスケットボールする
Tracked: 2009-05-18 07:01

「ブーリン家の姉妹」ゆかりの地を訪ねて
Excerpt: せっかくイギリスの各地を観光しているのだから、何か関係のある映画を観たい♪と思っていた矢先、たまたま訪れたスードリー城も、ロンドン塔も、どちらもアン・ブーリンと係わりがあることが判明。 それなら絶対..
Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London
Tracked: 2009-09-04 01:09

【映画】ブーリン家の姉妹…ちょっと昔「とんでブーリン」ってアニメありましたよね?
Excerpt: いやはや、お仕事も我が家もなんだか最近は忙しいです{/face_hekomu/} 17日(月曜日)は、週の頭から6時間とかの残業{/face_hekomu/}{/down/} …(チョイ愚痴ですが{..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2009-09-06 08:41

ブーリン家の姉妹
Excerpt: 愛は、分けられない。 【関連記事】「エリザベス」、「エリザベス:ゴールデン・エイジ」
Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked: 2009-10-20 23:31

『ブーリン家の姉妹』'08・英・米
Excerpt: あらすじ時は16世紀イングランド。20年にわたる結婚で皇女メアリーしかもうけることが出来なかったヘンリー8世(エリック・バナ)は男子の世継ぎを産むための愛人を探していた。一族の富と権力を高めるため、新..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2010-01-15 22:49

「ブーリン家の姉妹」 上昇志向が身を滅ぼす
Excerpt: アン・ブーリンはその時代に生きるには、あまりに賢く上昇志向が強い女性だったのでし
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2010-03-06 08:29