2009年08月29日

麿赤兒・梅津和時インプロビゼーション

 知人がチケットを譲ってくれて、四條畷の「えにし庵」にサックス・クラリネット奏者の梅津和時と舞踏家・麿赤兒のセッションライブを観に行った。

 梅津さんは、忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEU BLUE DAY HORNS で演奏をしてた人。完全復活祭の時も、舞台狭しと踊りながらサックスを吹いていたのがなつかしい。清志郎抜きで彼を聴くのは初めてだったけど、はるばるこんな近くに来てくれるとは。今日も、おなじみのピンバッジをいっぱい付けたフロックコート姿だった。
 麿さんは舞踏家集団「大駱駝艦」を率いているそうで、「少林少女」の師匠役だった人。

 二人は今日が初顔合わせだったそうで、打ち合わせのために開演が一時間もずれた。でも、初めて同士で、相手を活かしながら自分の表現を貫徹できるのがすごいと思った。

 梅津さんの演奏が始まってすぐ、全身白塗り、大きな馬面に蓬髪、ぼろのような真っ黒の着物に赤いヒモを結んた麿さんが現れた。痙攣するような、ぎくしゃくした動作の中に、なめらかさと柔軟さのある不思議な動き。
 異様で、滑稽で、抑制しながら狂っているようで、恐ろしく、でも悲しみが含まれていて、なんと表現すればいいのか分からない感情がわいてきた。鬼のような、俊寛のような、亡霊のような姿。舞台が観客とすごく近かったので、泣き出す子どもがいるのでは、とちょっと思った。

 途中で、舞台を囲む竹で編んだ柵の隙間から、酔っ払った人が入ってきて、「やめてくれ、うるさい」とか「こんなんいやや」といいながら、全然出て行かない。まわりはずい分はやしていて、どうなるのだろうと思ったけど、麿さんは、這っている闖入者の背に乗ったり、座り込んだ相手に膝枕したり、逆に膝枕してあげたり。顔をなめたり。
 からみ自体はこっけいだったけど、恐ろしい形相のまま、母性的なほどの優しさがあって、魅力的だった。

 闖入者を支えながら半ば引きずって麿さんが舞台から去ったあと、梅津さんが一人で、クラリネットやサックスで即興演奏を聴かせてくれた。今まで観たのと違って、静かに佇んだ姿勢。でも、同じように超高速の指使いで、複雑なメロディーをいろんな楽器で演奏。クラリネットとサックス以外の二つは名前が分からなかった。速いけど叙情豊か。かなりの時間吹き続けてさすがだった。

 退場した麿さんが、再び現れた時は、お化粧を落としていて、当然だけど、異様な姿の時とは全然別人。ものすごいオーラと優しさに、ほとんど恋を感じていたので、目の前の人がやっぱり「少林少女」の師匠でおじいさんだったことに驚いてしまった。もっと長く演技を観たかったな。

 民家のような建物のある広い庭が会場。舞台の周りにかがり火がたかれ、空には半月がかかり、とても風情のある舞台だった。屋台の焼き鳥もおいしかったし。何かの機会にまた来たい。


 一緒に行った友人が、「闖入者」についてメールをくれ、PUSH−PULLさんのブログに、白藤氏という、かつて日本維新派を立ち上げた人だと書かれていて、演出だったと教えてくれた。
 麿さんにとって、大切な同士なのかも。しかし、リアルな酩酊ぶりだったなあ。
posted by HIROMI at 22:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
書き込み感謝、同じえにし庵にいらっしゃったとは!
大阪の舞踏の林氏やデカルコマリーも見に来ていたのですが、全員が白藤の登場には驚いていた、なんだか聞くところによると伝説の人みたい
Posted by PUSH-PULL at 2009年09月03日 09:29
PUSH-PULLさん
お越しくださってありがとうございます!
白藤さんの名前を呼ぶヤジが多くて、奇妙だな、と思っていました。有名な方だったんですね。麿さんとの掛け合いが、不思議な空間を益々不思議なものにしていましたよね。
デカルコマリーさんも前衛舞踏家だそうですね。京橋で遭遇しないかなあ。
Posted by HIROMI at 2009年09月03日 19:17
よかったみたいですね!
四條畷の「えにし庵」ですが、妹の犬の遠出の散歩コースだそうです。たま〜〜にコンサートがあるみたいです。私が中学生のころの耐寒マラソンのコース沿いのようです。

↑↑ 内容についてふれてない?ふれられない?・・・やはりhiromiさんがいけてよかった。
Posted by 南東風 at 2009年09月05日 02:32
南東風さん
先日は、チケットどうもありがとうございました!コメントも感謝です!
「えにし庵」、とても小さな野外劇場という感じで、風情のある所でした。山が後ろに迫って、静かで、あの辺りは散歩とかマラソンにピッタリでしょうね。
梅津さんの演奏と聞いて飛びつきましたが、新しく麿さんのファンになりました。ほんとによかったですよ!
Posted by HIROMI at 2009年09月05日 08:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31718241

この記事へのトラックバック