2009年09月06日

3時10分、決断のとき

 57年に発表された作品のリメイクだそう。西部劇はめずらしいけど、すごく面白かった。

 元北軍で優れた射撃手だったが、戦争で片足を失ったダン・エヴァンス(クリスチャン・ベイル)。妻と二人の息子と共に小さな牧場を営んでいるが、干ばつによる水不足とかさむ借金に悩み、家族の冷たい視線に悩んでいた。
 そんなある日、馬小屋が放火され、逃げた牛を息子たちと共に追いかけたダンは、悪名高いならず者ベン・ウェイド(ラッセル・クロウ)の一団が駅馬車を襲っている現場を目撃する。

 撃たれたが唯一生き残ったピンカートン探偵社の賞金稼ぎバイロン・マッケルロイ(ピーター・フォンダ)を街まで運ぶダン。一方ベンたちは、町で保安官たちに駅馬車襲撃を伝えて、彼らを現場に向かわせ、酒場で金を分けるという大胆さ。ベンが、手下を先に行かせ、一人酒場の女と過ごしている所に、借金交渉で地主を追ったダンが現れ、二人は再会。ダンがベンに牛の弁償を要求している時、戻ってきた保安官に、ベンはあっけなく逮捕された。

 ベンをユマの刑務所に送ることになり、ダンは200ドルで護送を請け負う。鉄道会社の代表クレイソン・バターフィールド、バイロン、バイロンを治療したポッター、地元の悪党タッカーも一緒。息子のウェイトも彼らを追い、コンテンションまでの危険な旅が始まる。
 自分をからかって寝かせなかったタッカーを、野営中にフォークで突き殺し、母親を娼婦だと言ったバイロンも、馬から飛び掛って崖に投げ落とすベン。手錠などなんのそのだ。非情で狡猾で、油断ならない反面、鷹揚で、ひとなつこさもある複雑な人物。仲間を殺すのにも躊躇しない一方で、女子どもに対するバイロンのかつての残虐行為をなじる。そんな彼の良心が、ダンに親しみを覚えるのだろう。

 アパッチの急襲からダンたちを救ったかと思うと、そのまま逃げてしまったベンは、鉄道の工事現場で、彼に恨みをもつ自警団につかまるが、ダンたちが彼を奪取。自警団をやっつけて一致団結で逃げる彼らは、まるで仲間。二人のうちに次第に微妙な連帯感が生まれていく。

 ダンにとって、ベンは報酬をもらうための手段で、ユマに送れば絞首刑という、ベンを待つ運命に、なんら同情していない。だが、一方のベンは、ダンに初めて会った時から、彼に親近感を覚えているよう。馬を奪っておきながら近くにつないで去り、再会した時は快く牛の弁償を払う。ダンが追い詰められた目をして必死なのに対し、連行されるベンの方は、余裕綽々。刻々動く状況を読み、事態をダンに教えるベン。だが、心理的にも状況的にも優位に見えるベンの方が、結局これ以降、ダンの出す結論に従い、彼の望みに合わせて行動することに。それは一見、懐の深さだが、ダンに対して感じた絆ゆえに取ってしまう最後の行動は、狂気を感じさせて衝撃だった。

 ベンの部下チャーリー・プリンス(ベン・ファスター)の目も狂気がたぎっている。彼がベンのいるホテルを囲み、護衛の殺害に200ドルの賞金を賭けたため、敵は30人以上に。身の危険に地元の保安官もクレイソンも逃げ出し、残るはダン親子だけ。ダンは、息子に残された家族を託し、一人でベンをユマ行きの列車に乗せる決意をする。

 逃がしてくれたら金をやる、というベンの取引に、それまで、会話を拒んできたダンが、初めて自分から思いを語る。息子から尊敬されたいという男としての意地。ベンも、母親に捨てられた過去を語る。列車の到着時間が迫る緊張のなか、短い二人の会話には、微笑みがもれるような心のつながりが感じられる。そして、列車までの二人の道行きが決行される。

 ホテルから、建物の壁をつたって小さな駅舎まで。そこを出て列車まで。銃弾が飛びかう、すさまじい打ち合い。それをかいくぐる二人は本当に同士のよう。そして、父親の仕事を見届ける息子。父親を軽蔑していた彼だが、今や父は彼の誇りだ。二人の別れに涙が出た。

 思えば死体累々。タッカーもバイロンも、心ない悪者はあっけなく死に、ベンが早撃ちで殺す手下たちの死は理不尽。一方、優しい獣医のポッターやダンの死に際は、目が美しい。相手から聞きたいたった一言を聞いて死んでいく彼らは、とても安らかだった。
posted by HIROMI at 17:59| Comment(0) | TrackBack(6) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31943088

この記事へのトラックバック

「 3時10分、決断のとき」(2007)
Excerpt: {{{: 出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ピーター・フォンダ、グレッチェン・モル、ローガン・ラーマン 監督 ジェームズ・マンゴールド 製作総指揮 スチュアート・ベッサー ..
Weblog: choroねえさんの「シネマ・ノート」
Tracked: 2009-09-07 09:37

3時10分、決断のとき
Excerpt: 男の誇り父として 夫として公式サイト http://www.310-k.jp原作: エルモア・レナー
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2009-09-07 12:39

3時10分、決断のとき
Excerpt: 男の誇り父として 夫として公式サイト http://www.310-k.jp原作: エルモア・レナー
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2009-09-09 08:14

『3時10分、決断のとき』(2007)/日本
Excerpt: 原題:3:10TOYUMA監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ピーター・フォンダ、グレッチェン・モル、ローガン・ラーマン鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイ..
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2009-09-19 17:44

3時10分、決断のとき
Excerpt: 狙撃の名手だったダン・エヴァンス(クリスチャン・ベイル)は、 南北戦争で片足を負傷し、妻と2人の息子とアリゾナで小さな牧場を営みなが...
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2009-09-25 01:31

3時10分、決断のとき
Excerpt: 男の誇り父として 夫として公式サイト http://www.310-k.jp原作: エルモア・レナー
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2009-09-28 22:38