2011年02月04日

リッキー

 シングルマザーのカティ(アレクサンドラ・ラミー)は、朝にバイクで娘のリザ(メルジーヌ・アヤンス)を学校へ送り、工場のラインで働いた後、夕方再びカティを学校へ迎えに行く毎日。ある日、工場にスペイン人のパコ(セルジ・ロペス)が入ってきて、親しくなった二人はかティの団地で一緒に暮らすことに。やがて二人の間に赤ん坊リッキー(アルチュール・ペイレ)が生まれるが、彼の背中に異変が起こり、翼に成長し始める。

 郊外の団地や、冷たい電灯が光る工場の中。そこでの地味な人々の平凡な暮らしの描写の中に、突如ファンタジーの世界が入り込む。だが、リッキーの背中に翼が生えてくる様も、やけにリアルだ。始めはアザのようで、それを見つけたカティはパコの虐待を疑って、彼を家から追い出してしまう。その後、アザはこぶに成長し、そこから雛の前足のようなものが出てくる。
 大きな眼と金髪の愛くるしい姿は天使のようだが、その背中に生えてくるのは、がっしりした茶色い鳥の翼だ。だが、鳥なら、飛べるようになるのは巣立ちの時が来てからだが、リッキーはまだ分けの分からない赤ん坊なのに、飛行能力だけが一人前になってしまう。

 パコが家に来てからは、リザは一人で通学し、バイクの二人乗りはカティとパコ。突然母親の関心を奪われたリザは、新しい父親に心を開かない。そしてリッキーが生まれると、新しい関係が幸せな方向に向かうに見えたのもつかの間、仕事に行き詰ったパコと、育児と家事に疲れたカティはいがみ合うように。赤ん坊は天使と同時に、慣れない家族を振り回す闖入者。
 スーパーの広い店内を飛び回るリッキーに大騒ぎが起こり、パコはマスコミを利用して儲けようと戻ってくる。だが、テレビカメラの前でリッキーを飛ばしたとたん、紐が離れて彼の行方は分からなくなってしまう。悲嘆に暮れるカティのもとに、再び姿を現した時、リッキーは裸で少し大きくなっていて、まるで人間とは別の野生の生き物のようだ。

 リッキーが飛んで行ったのは湖の向こうで、カティが再会するのも湖。オゾンはどうしていつも、水面が画面に出てくるのだろう。「しあわせの雨傘」でも、主人公が昔の恋人に湖のほとりに一人置き去りにされていた。

 リッキーを見て安心したカティは落ち着き、パコに心を開いたリザは、彼の背中に顔をうずめて、バイクに乗せてもらう。バラバラになった家族が、再生を遂げる美しいシーン。そして、カティのお腹には、再び新しい命が宿っている。

 ところで、映画の冒頭、夫に失踪されて途方に暮れたカティが、ソーシャルワーカーに生活苦を訴えている場面が映るが、監督はこれを映画の中盤、パコが去ったあとの場面だと考えているそうだ。
 だが、もしこれが、3人の生活が戻って、新しい赤ん坊が生まれた後に続くシーンだったら、家族は再び崩壊したことになり、思わぬ皮肉な内容に変わる。パコが去ったあと、カティがリッキーの翼に夢中になってパコを忘れていた様子からすると、この場面が挿入される適当な場面が分からない気がするのだが。

 リザは、リッキーが生まれる前、まるでリッキーの誕生を予言するように、リッキーにそっくりな人形を抱いて眠り、背中に羽をつけて遊んでいる。そして、彼にリッキーと名づけるのも彼女。彼の誕生は、彼女の奥深い願いだったのだろうか。それとも、赤ん坊は生まれるけどどこかに飛んで行っていなくなる、というのを望んでいたのかもしれない、とも思う。 
posted by HIROMI at 22:48| Comment(0) | TrackBack(5) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43238186

この記事へのトラックバック

〜『Ricky リッキー』〜 ※ネタバレ有
Excerpt: 2009年:フランス+イタリア合作映画、フランソワ・オゾン監督、アレクサンドラ・ラミー、セルジ・ロペス、メリュジーヌ・マヤンス、アルチュール・ペイレ、アンドレ・ウィルムス出演。
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2011-02-04 23:14

映画『リッキー』を観て
Excerpt: 10-80.リッキー■原題:Ricky■製作年・国:2009年、フランス・イタリア■上映時間:90分■字幕:竹松圭子■鑑賞日:12月11日、ル・シネマ(渋谷)■料金:1,800円スタ...
Weblog: KINTYRE’SDIARY
Tracked: 2011-02-04 23:45

『Ricky リッキー』(フランソワ・オゾン監督)
Excerpt: (原題:Ricky) ----これって、 フランソワ・オゾン監督の映画だよね。 翼の生えた赤ちゃんなんて、 あんまりこの監督のイメージじゃない気がするけど…。 「いやあ。結論から言うと、 これ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2011-02-05 00:04

『Rickyリッキー』(2009)/フランス・イタリア
Excerpt: 原題:RICKY監督:フランソワ・オゾン出演:アレクサンドラ・ラミー、セルジ・ロペス、メリュジーヌ・マヤンス、アルチュール・ペイレ、アンドレ・ウィルムス鑑賞劇場 : ル・シネ...
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2011-02-05 07:11

Ricky リッキー
Excerpt: ★ネタバレ注意★  あけましておめでとうございます。  今年もステキな映画をたくさん観られますように☆  そして、今年もこのブログに訪れてくださったら、とっても嬉しいです。    さ..
Weblog: キノ2
Tracked: 2011-02-05 18:52