2007年06月24日

舞妓Haaaan!!!

 舞妓さんと野球拳をすることを夢見て,涙ぐましくもたくましく奮闘する、舞妓さんオタクのお話。宮藤官九郎の脚本で、期待どうり爆笑の連続だった。
 会社で実績をあげるのも、社長につられてお座敷にあがるため。その後野球選手、映画監督と次々と職業を変えては成功するが、それもお座敷荒らしのライバルに対抗するため、と、人生のすべてが舞妓さんに収斂。主人公はチョー自己チューだが、とてつもなくパワフルで、ある意味あり得ないほど純情。チョーウルサイと思いながら、いつの間にか彼を応援してしまう。ハチャメチャな展開だが、見覚えのある京都の風景が画面に広がり、「SAYURI」よりもよっぽどリアルだった。
 出演者はみんな演技達者。堤慎一生瀬勝久が出ていてうれしかったし、植木等もなつかしかった。阿部サダオは、確か清志郎の「ナニワ・サリバンショー」にグループ魂で出演してた。あのときもずい分濃かったけど、今日の映画はハマッテました。

 
 
posted by HIROMI at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4468043

この記事へのトラックバック